自由気ままなプータロウは人気者!

仙台市内を自由気ままに歩いていたら…

行く先々で食物や金品をもらうようになる。

子供が好きでいつも機嫌よく笑っていた。

不思議と彼が立ち寄るお店は大盛況する。

 

 

商売人から『福の神』などと呼ばれている!

その男の名称は『仙台四郎』さんです!

 

地元の人からは、超有名な人ですよね~

いろんな意味で凄い人だな~と思います!

 

誰からも無料でオモテナシされるんですよ。

日頃から財布を持参してなかったのかな?

現代なら普通にあり得ないことですけど…

(相席屋の女性来店システムと同じですね)

 

しかも、四郎さんは「無職」ですからね!

(似たような容姿の山下清は職業画家です)

 

私が市内を歩いているとキャッチに捉まり、

ぼったくり店に誘導されそうになりますよ!

 

この差は何なんでしょう~??

 

店からすれば高額な飲食を無償提供しても、

必ず後から人が集まり繁盛する訳なんで…

上客として解釈される存在だったのですね。

 

もしも、集客できなかったらどうなる?

悪質な確信犯なので店からは出禁になるか?

ただの無銭飲食者なので逮捕されてます!

 

興味深い話として、

四郎が気に入らない店には、

誘われても、決して行かなかったという。

 

う~ん、ホントかな?

甘そうな店主ばかりを狙って通ったのでは?

 

もっと驚いた話しなんですが・・・

無料で鉄道を利用していたのです!!

 

宮城県の白石や福島県の福島、白河、

さらに山形県まで足を伸ばしていたらしい。

 

えぇ~キセルも許されちゃうのかよ~!!

公共機関も福の神として崇めていたのかー?

 

言い方を変えると『集客の神様』ですね!

資本主義なので結果がすべてとなりますが…

 

偏屈な見解でまとめさせていただきますと、

四郎さんは集客している意識も計算もなく、

打算的なサービスとも知らず御馳走になり、

広告塔として利用されていた訳なんです。

 

ということは・・・

 

行列のできる不味いラーメン屋の「サクラ」

と同じ扱いをされていたのかもしれません?

 

繁盛する合理的な理由がないとダメだよ~

なんて、独善的な話をしちゃいましたが…

 

コストのかからない宣伝広告は魅力なので、

弊社もちゃっかり四郎さんを崇めてました!

 

そんなわけで、弊社の宣伝になりますが、

様々な事情で住居を求める人達に差別なく、

提供することを使命としてましたので、

気兼ねなくご相談いただければ幸いです。

 

ただし、非現実的な集客商売をしてないので

必ず家賃や報酬は支払っていただきます!

投稿日:2019/05/18   投稿者:-