騒音苦情のアレコレ

上階や隣室からの足音や話し声

乳幼児やペットの鳴き声

車やバイクのエンジン音

テレビや楽器、スマホの着信音など 

 

 

 

本人にとっては、騒音でなくても…

近隣住人は、不快な音に感じたりする。

(日常生活で漏れる音は騒音ではない)

 

迷惑な隣人トラブルの中でも一番多いのが、

「騒音トラブル」となります。

 

最悪は殺人事件に発展することもあるから、

当事者間での直接対決は絶対にダメですよ!

 

では、どこに騒音被害を相談するべきか?

騒音紛争は民事なので弁護士(有料)です!

 

この大前提を認識していない人が多いなぁ~

 

でも、現実は無料で親切に対応して頂ける、

管理会社や家主さんに相談する訳ですが…

(契約違反の注意はできても強制力はない)

 

その騒音の内容に困惑することがあります。

とりあえず、こんな感じで3つ書きます。

 

ケース①

入居者『隣の人が深夜にうるさくて…』

弊社『どのような騒音でしょうか?』

入居者『イビキがうるさくて寝れない!』

弊社『えっ…ちなみに何号室の方ですか?』

入居者『〇〇号室だよ!朝もうるさくて』

『眠れないから何とかしてください!』

弊社『イビキ音は契約違反ではないので…』

これは法的にどんな違反になるのだろうか?

さすがに生理現象は注意できかねますよ~!


ケース②

入居者『隣の人が夜中に騒いでいて…』

弊社『どのような話し声でしょうか?』

入居者『ん~何というか、夜のアレの声…』

弊社『え~と、ソレですね…わかりました』

『ちなみに、毎晩うるさい感じですか?』

入居者『はい!昼間の時もあったりして…』

弊社『迷惑ですね…何かしら対応します!』

これは、タマにある騒音苦情の一つですねw

男性でしたら、楽勝ですけど…

加害者が女性だと注意の仕方が難問だぞ~!

 

ケース③

入居者『夜中に奇声を発していて怖いです』

弊社『ちなみに他の騒音はありますか?』

入居者『奇声だけですが、異常な感じです』

弊社『酷ければ警察に通報してください!』

『被害者からの通報だと警察は対応します』

入居者『そうなんですか?わかりました!』

後日、厳重注意をして発覚したことですが、

加害者は重度のアルコール中毒で記憶なく、

飲むと豹変するらしい?大変迷惑な人です。

 

騒音紛争は、原則「民事事件」になるので、

裁判で損害賠償を請求することができます。

 

では、なぜケース③は警察が対応できたか?

騒音が、軽犯罪法になるかも?だからです!

 

刑法の「静穏妨害罪」というものがあって、

仮に違反しますと拘留又は科料となります。

 

但し、それには3つの要件が必要です。

①駆け付けた警察官の注意に従わない。

②異常に大きい音を出して静穏を害してる。

③不特定多数の近隣に迷惑をかけるレベル。

 

最近は、「家飲み」する人が増えてるから、

酔っ払っての騒音も十分に注意しましょう!

 

不動産屋の好ましくない本音を書きますが…

お金にならない対応を増やさないでくれ~w

 

それと勘違いや誤解なんだと思いますけど、

不動産屋にキレた口調で連絡を入れるのは、

できれば控えて頂きたいのでお願いします!

 

あなたが、騒音被害で感情的になる相手は、

迷惑な騒音を出してる「加害者」だからね!

 

ということで、警察官でも捜査が難航する?

生理現象の騒音から男女の卑猥な騒音まで、

不動産屋が真面目に解決してる実話でしたw

 

自由とユーモアを愛する者としてはですね~

他人から生活を注意されたらムカつくよね!

 

とはいえ、真面目な性格?なので更に一言!

多少の騒音はお互い様の精神も忘れずに~!

投稿日:2019/06/19   投稿者:-